2014年05月17日

志津屋 SIZUYAPAN

志津屋のSIZUYAPANをご紹介します。
京都にたくさんの店舗をもつ老舗のパン屋さんで、2012年から京都駅に新しいあんパン専門のお店がオープンしました。

沢山の種類のあんパンがずらりと並んだカウンターのような店舗で、パッケージされたあんパンを買うことが出来て、お土産にもちょうどいいとお思います。

WAGURI(黒パン/栗 丹波大納言こしあん) 210円
「沖縄産の黒糖を加えた黒パンに、栗一粒を丸ごと大納言こしあんで包んだなめらかな味わい」

パンの大きさはヤマザキの薄皮つぶあんぱんと同じくらいで、とても小さいです。
薄い生地の中にはこしあんに包まれた栗が丸ごと入っています。
とてもなめらかで上品なこしあんで、まるで上質な和菓子を食べているようです。
生地の表面は香ばしく、中はしっとりとしています。

 

posted by すみよ at 17:42| Comment(0) | パン(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

中国の菓子パン

中国の合肥へ出張に行ったときに立ち寄った合家福(JOYMART)というスーパーのパン屋に入りました。
食パンやバケットもありましたが、少し変わったものを買って帰ってきました。

紅豆土司(小豆トースト)8.50元
見た目は食パンですが、フワッフワの黄色い生地の中に小豆の入った白いパンが入っていて2層になっています。
黄色い生地の部分は卵の風味が強く、甘くてとても柔らかい食感でした。パンというよりは、カステラやキメの粗いスポンジケーキに近いと思います。
甘い小豆が入った白い部分は、パン自体には甘さはなく、パサついていました。
日本にはない少し変わった味わいでしたが、普通においしかったです。

 

儿童蛋糕(子供ケーキ)6.80元
しっとりとした目の詰まった生地で、やわらかいですがずっしりとしています。
バナナの香りがして甘いので、名前の通り子供が好きそうなケーキでした。

 

by すみお&すみよ

posted by すみよ at 18:22| Comment(0) | パン(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

チェコのパンその2

 再びすみおです。プラハのスーパーで買ったパンについて書きます。一つ目は、billaで買ったライ麦パンです。

 Hořoviceという会社のパンで、パッケージにvicezrnný(種入り)とあるとおり、穀物の種がたくさん入っています。一応ライ麦パンですが、ライ麦の香りは薄く、生地もやわらかいので、ライ麦の割合は低いようです。ドイツパンと比べると軽くて食べやすかったです。

 もうひとつは、同じくbillaで買ったちょっと変わったパンです。Penamという会社のパンです。

 パッケージにšáteček s náplní makovou(ケシの実入り菓子)と書かれているとおり、黒いペースト状のものが入っています。ケシの実をすりつぶして煮たものらしく、日本のアンパンの表面を食べているような香りと味がします。ほのかに甘いミルクパンのような生地とマッチして、予想外に美味しかったです。もっと大きいのが売っていたので、そちらにすればよかったと思うくらいです。チェコ以外では見られないそうなので、機会があればぜひ食べてみてください。

by すみお

posted by すみよ at 21:52| Comment(0) | パン(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする